二重まぶたドットコム

二重まぶたドットコムは、「キレイな二重(ふたえ)」になりたいと思っている方のための美容外科美容整形の情報サイトです。

二重まぶた(二重瞼、ふたえまぶた)手術についての情報を提供しています。
二重まぶたに興味のある方、これから二重まぶた手術を受けてみよう思っている方、あるいはすでに二重まぶた手術を受けられ手術結果に不満や悩みを抱いている方は、ご参考になさって下さい。
また、涙袋形成術、目頭切開、目尻切開、眼瞼下垂手術、たれ目手術(下眼瞼下制術、グラマラスライン手術)についても解説しています。
 
 

二重まぶた手術の埋没法はトラブルの多い方法です。

当院(アネシス美容クリニック)では、過去に埋没法を受けられ元に戻ってしまった方や、まぶたの違和感、痛み、目やに、引っ張られた感じがする方、皮膚表面の黒い点のように見える糸の露出には、トラブルの原因になっている埋没法の糸をすべて抜糸して全切開法により二重まぶたにすることに積極的に取り組んでいます。
二重まぶた手術の全切開法では、中縫いの糸は残さない方法で行っています。内部処理を確実に行い、眼瞼挙筋と皮膚とを抜糸する糸で固定し、不必要な切除は行わず目をつぶっても良好な傷跡になるように努力しています。
埋没法のように元に戻る心配はなく、しかも埋没糸によるトラブルに悩まされることもありません。
 
 

二重まぶた手術(重瞼術)

 二重まぶた手術前にデザインを行います

二重まぶた手術は美容外科手術の中で最も多いと言えるでしょう。
二重まぶたにすると決心しても、手術は初めての経験ですから不安があると思います。二重のラインや幅について本当に自分に似合うのかどうかも気がかりです。人それぞれ、まぶたの構造が異なっているため、一律に同じような手術をしたのでは、よい結果は生まれません。患者さんの希望をよく聞き、まぶたを診察した上で、その方に最適な手術法を選択しなければなりません。
 
 

二重まぶた手術の種類

まず、二重まぶた手術の種類について、解説いたします。二重まぶた手術は、切開法埋没法という2つの方法に大別されます。
切開法は、二重のライン上を切開し、まぶたの余分な筋肉や脂肪をある程度切除した後に、皮膚の裏側とまぶたを開くための筋肉(眼瞼挙筋)を縫い合わせる方法です。
埋没法は、極細の医療用の糸を用いてまぶたの表と裏を縫い合わせてその糸を結び目ごとまぶたの中に埋没してしまう方法です。
医師によって糸のかけ方、糸の本数や結び方が異なりますが、基本的には同じ手術です。
 
切開法と埋没法のどちらも長所と短所とがあり、理想的な手術法は存在しません。
それぞれの手術方法をよく理解していただき、どちらかの手術法を選択していただくことになります。
切開法は、皮膚を切るだけでなく、まぶたの内部構造を二重まぶたになるように根本的に変えてしまいますので、半永久的に元に戻ることはありません。
このため、深く、安定した二重まぶたを作れる、幅広並行など希望のデザインを実現しやすい、まぶたのたるみも改善できる、目の開き具合を調整することができるといった長所があります。
しかし、術後のダウンタイムは約2〜3週間、個人差はありますが腫れが完全に引いて安定するまでに1ヶ月〜3ヶ月程度かかります。また、皮膚を切るため、埋没法に比べ手術のやり直しは難しいといった短所があります。
埋没法は、皮膚を切らないので、腫れが少なく、手術の跡が目立ちにくい、手術時間が短い、手術のやり直しも可能といった長所があります。
しかし、人間の体は元に戻ろうとする修復機能がありますので、時間の経過により元の一重に戻ろうとします。
また、目をこすった刺激で糸が緩んだり、取れたりし元の一重に戻る可能性があります。さらに、皮膚のたるみが強い人やまぶたの脂肪が厚い人には埋没法で二重まぶたを作ることが難しいといった短所があります。
これが埋没法の欠点であり、避けて通ることはできません。
 
しかし、幸いなことに埋没法でも二重まぶたのクセがつく人も多くいらっしゃることも事実です。
このクセのつき具合いには個人差があり、ほとんど元の状態に戻り極わずかにクセが残った方から、しっかりした二重のラインが残った方まで千差万別です。
したがって、このような説明を受けて将来的に安定している切開法を選択される方もいらっしゃれば、やはり切るのはいやだと埋没法を選択される方もいらっしゃいます。


当院の二重まぶた手術

埋没法は、元の一重に戻ったり、まぶたに違和感や痛みがあったり、引っ張られた感じがしたり、糸が皮膚表面に露出しの黒い点に見えたりするなどトラブルの多い手術方法です。
アネシス美容クリニック(当院)では、過去に埋没法を受けられ、お悩みになっている方に対し、トラブルの原因になっている埋没糸をすべて抜糸して全切開法により二重まぶたにすることを積極的に取り組んでいます。
当院の全切開法による二重まぶた手術は、中縫いの糸は残さない方法で行っています。また、不必要な切除は行わず、眼瞼挙筋と皮膚とを抜糸する糸で固定し、丁寧に内部処理をすることで、目をつぶっても自然な二重まぶたになるように努力しています。埋没法のように元に戻る心配はなく、しかも埋没糸によるトラブルに悩まされることもありません。
埋没法の二重まぶた手術に不満や悩みを抱いている方は、当院にご相談ください。
 
実際に二重まぶた手術を受けるにあたり、大切なことが二つあります。
一つ目は、二重のラインのデザインです。
自分の希望する二重になるには、二重まぶたを色々作ってみるシミュレーション作業を行い事前にデザインを確認する必要があります。
その点、当院では、鏡の前で色々な二重まぶたを作って写真撮影をし二重まぶたのデザインを患者さんと一緒に作っていきます。事前に患者さんと一緒にデザインを確認できますので、安心して手術を受けていただけます。
二つ目は、手術の安全性です。
二重まぶた手術は簡単な手術ですが、十分に安全でなければなりません。その点、当院では手術症例数が多く、スタッフの技術力には、絶対的な自信があり、安全に手術が受けられます。
 
 
このサイトを読んで、当院について気になることがあればお気軽にご連絡ください。

電話予約
 
LINEお問い合わせ
友だち追加